「「懲罰委員会の法律」について」について

「懲罰委員会の法律」について」について
TOEIC990点 様
TB有難うございました。

永田議員については,衆議院懲罰閥委員会で,3月8日に,自民党・公明党から,自発的に辞任すべきだとの意見が出ていることは,筆者のBlog でも指摘しました。また,3月9日には民主党の国対委員長の渡部氏から,「侍はいざという時には潔く腹を切るべきだ」との自発的辞職勧告がありました。

しかし,貴殿のご意見とは相違しますが,筆者のBlogどおり,永田氏の自発的辞職には反対です。 貴殿は,「永田議員は議員を辞職せず,議員活動を続けるという。私はこの決断に疑問符を付けたい。やはり,ここは責任を取って,辞めるほうが良いのではないだろうか」 と言っておられますが,一体何の責任をとれというのでしょうか。

筆者のBlogでも指摘しているように,永田氏は,これまで誠心誠意謝罪をしております。これ以上辞職で謝罪せよと言うのでしょうか。これでは,余りにも酷だと言うほかありません。弱い者虐めも,ここまで来ると,国会議員の品格を疑いたくなります。

彼は一体いかなる過ちを犯したというのでしょうか。証拠不十分な(今では偽のメールと言われている)資料を基にして一個人ないしはその長男の攻撃,さらには自民党の攻撃をしようとしただけであって,それ以外に何をしたと言うのでしょうか。議事の進行を妨げたことを攻撃するにしても,一体どれだけ妨害したと言うのでしょうか。むしろ自民党は,自民党が攻撃されるべき議題の多くが,その難を免れたことを,秘かに喜んでいるのではないでしょうか。

「辞めない本人も問題だが,辞めさせない周りの態度も問題である」との貴殿のご意見にも反対です。本人も民主党も誠意をもって謝罪しているのに,何故止めなければならないのでしょうか。渡部民主党国対委員長の発言は,むしろ問題だと思います。恐らく民主党の前原代表とも,また鳩山幹事長とも相談無しに行われた行過ぎた行動だと思います。渡部氏にはもっと自制してもらわねばなりません。

位人臣を極めた(勲一等旭日大綬章受領済み)人物ではありますが,党の組織の一員として自重してもっと慎重な行動を取ってもらう必要があります。

今後,日本の政界は自民党と民主党の2大政党が両立するような形態となるのが望ましいと言われておりますが,今こそ我々は民主党を支援して盛り立てねばならない時と考えます。民主党を余り攻撃するのは止めようではありませんか。

皆さんはどう思われますか?

06/03/11   東郷  幹夫

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 宅建取得の目的

    Excerpt: 不動産業者は事務所に従事者5人に1人以上の割合で宅建主任者を置く義務が法律により定められています。不動産業界へ就・転職するのならば宅建は必要です。(なくても勤務はできますが、もっているとかなり有利です.. Weblog: 宅建 racked: 2007-04-28 08:43