李肇星部長の発言(No3) 東シナ海協議

中国外交部の李肇星部長は7日午後3時,人民大会堂で記者会見を開き,国際情勢と中国の外交政策を紹介し,記者からの質問に答えた。

その中で,彼は,東中国海(今後は東シナ海と呼ぶ)協議は「実務的かつ建設的」であるべきだと述べた。さらに,「東シナ海問題については,中国の開発活動は日中双方による論争のない中国近海で行われている。日中両国に東シナ海問題をめぐる対立があるのは客観的事実だが,双方はいずれも,交渉を通じて対立を解消し,協力を模索したいと表明している」と述べた。

また,外交部亜洲司の胡正躍司長と日本外務省アジア太平州局の佐々江賢一郎局長による,東シナ海問題を話し合う第4回中日協議が7日終了したことに触れ,「今回の協議は実務的で建設的だった。双方は次の協議をできるだけ早く開くことで合意した」と話した。

筆者の見解:
1.”東中国海”とは何か? ”東シナ海”と呼ぶべきである。こういう所がChineseのおかしなところである。変なところに変な自尊心を露にする。

2.「東シナ海問題については,中国の開発活動は日中双方による論争のない中国近海で行われている」とは,全く嘘である。日中境界線ぎりぎりの所で行われており,海底のガス田は日本の海域まで食い込んでいると言われている。彼の発言は真っ赤な嘘である。

3.「双方はいずれも,交渉を通じて対立を解消し,協力を模索したいと表明している」のが事実なら,駆け引きだけに捉われることなく,誠意を見せてもらいたいものである。Chineseは誇大に宣伝すると同時に嘘を平気で言う連中だから,用心が肝要だ。

4.「今回の協議は実務的で建設的だった。双方は次の協議をできるだけ早く開くことで合意した」 とあるが,これは真っ赤な嘘であることが判明した。
実は,2006年03月08日12:50のニュースにより,中国が,東シナ海の天然ガス開発をめぐる協議で,日本側からの共同開発の提案を拒否した上,尖閣諸島の周辺や東シナ海北側の海域を新たに共同開発するよう提案していたことが判明した。 彼らの言っているのは,日本領土の中なのである。

中国の今回提案した天然ガス開発の海域は日本領土の中であるから,これは共同開発ではない。いかにも図図うしい話であり,彼らの侵略主義の露になった主張である。日本の領土を恰もそうでないかのように主張しようとしている極めて悪質な提案である。いくらお人好しでも
この提案は呑めない。

考え出すと腹が立っていても立っても居られない気持ちである。あるいは,それが彼らの作戦なのかもしれないが。彼らは,この案を主張して,現在開発している春陽ガス田を既成の事実として認めさせようとする取引材料としようとしているのかもしれない。

中国の連中は,言うことと実際の行動は全く違う不逞の輩である。李部長のあの机を叩かんばかりの横柄極まる記者会見は,一体あれは何か。しかも大勢の外国人記者団を前にしての会見である。そして今回のガス田共同開発の提案は何か。
皆さんは,中国のこのような態度をどう思われますか?

参考資料:(1) http://www.sankei.co.jp/news/editoria.htm■【主張】ガス田協議 中国の分断策を警戒せよ,(2)http://www.asahi.com/special/050410/TKY200603080233.html
中国、南北2海域の共同開発提案 尖閣諸島付近も2006年03月08日12時27分,(3)http://www.shikoku-np.co.jp/news/kyodonews.aspx?id=20060307000452 李肇星外交部長、日本トップの靖国参拝を厳しく非難 「チャイナネット」/「人民網日本語版」 2006年3月7日

06/03/08   東郷  幹夫





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 常識が無い中国

    Excerpt: ガス田共同開発、中国側提案に反発強まる…政府・与党 相当キテルね! 簡単に要約すると 「日中境界線の資源を盗掘されたくなければ尖閣諸島の資源をよこせ」 日本は日中境界線の資源も盗掘されたく.. Weblog: 沖田寝多のblue chips racked: 2006-03-08 22:13
  • 「李肇星部長の発言(No3) 東シナ海協議」について

    Excerpt: 「李肇星部長の発言(No3) 東シナ海協議」について沖田寝多 様 TB有難うございました。お返事が遅れ申し訳ありません。 比喩と機知に富んだ貴殿のBlogに全面的に賛成いたします。 Weblog: 思いつくままに  東郷 幹夫 racked: 2006-03-10 19:45
  • 東シナ海ガス田共同開発は合意するな!!

    Excerpt: 東シナ海のガス田問題については、『中国側には、本気で日本と交渉し、妥協しようという気がない』のではないか。いや『その気がない』と断言したくなる程である。 Weblog: 東郷 幹夫の思いつくまま日記 racked: 2008-04-28 21:48