深山飛水の思いつくまま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「A新聞社説「発言はもう控えては」について??」について

<<   作成日時 : 2006/02/04 12:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

A新聞社説「発言はもう控えては」について??」について
快投乱打な雑記帳 様

TB有難うございました。

「皇位継承問題は国民の間でもっと議論せねばならない」というのは,当然のことではないでしょうか。 政府はもっと分かりやすく,国民に説明すべきであって, 何故それをせずに,皇室典範の改正を急ぐのでしょうか。男系天皇,男性天皇,女

系天皇および女性天皇の相違を国民に分かりやすく説明することが何故できないのでしょうか。それに今直ぐに決めなければならないほど差し迫った問題とも
思われません。少しでも異論があるのであれば,もっと議論を尽くしてからでも遅くはないと思います。小泉首相は何故,そのように拘るのか首を傾げます。

皆さんはどう思われますか?

06.02.04  東郷 幹夫

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私も全く同意見です。
今国会での改正を急ぐコイズミ、自社の支持する改正案になりそうなので、反対派を黙らせようとするA新聞、どちらも一線を越えてる気がします。
さとし@快投乱打
2006/02/04 21:33
さとし・快投乱打様

コメント有難うございました。
谷垣・麻生両大臣の記者会見の意見(急いで今国会で決めなくても良い)には,賛成です。
それにしても,山崎・加藤の両氏は,何故,突然,(昨日2月4日)皇室典範改正案への賛成表明をしたのでしょうか。 06/02/05
東郷 幹夫
2006/02/05 11:05
山崎・加藤両氏の件は、穿った見方すると、この問題を機に表に出て来たかったでしょう。しかしすでに政治的感覚が曇っているから、的を外している。この問題は慎重論に持っていく方が両氏にとっては意味があると思うけどな。
トトロ
2006/02/07 11:44
トトロ 様
コメントを有難うございました。谷垣,麻生,中川の各大臣がすでに記者会見を相次いで開いて,皇室典範の改正案の今国会での成立に拘泥せず,もっと慎重な検討を要求しています。山崎・加藤の両氏は,何故唐突にも今国会での成立に賛成するなどと言い出したのでしょうか。ご自分達の存在をアピールしたいのかも知れませんね。加藤氏は一度総裁になり損ねた方ですから,再起を
したい気持ちはあるでしょうね。山崎・加藤ラインで福田氏をバックアップする気配があるとの噂もあるようですが,加藤氏はどうして元加藤派の谷垣氏をバックアップされないのでしょうか。政界というのは,奇妙な所ですね。06/02/07
東郷 幹夫
2006/02/07 17:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「A新聞社説「発言はもう控えては」について??」について 深山飛水の思いつくまま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる