深山飛水の思いつくまま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「明治日本の産業革命遺産」ユネスコ登録のせめぎ合い

<<   作成日時 : 2015/07/15 17:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

ユネスコでの「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録の決定は、最初は,7月4日に行われえるはずであった。しかし当日、行われる審議の席上での日本側の意見陳述の内容、特に徴用工に関する発言について、日韓間で折れ合いがつかず、幹事国のドイツ側の配慮で、よく5日に持ち越されることになった。

韓国側は、現在、既に始まっており、また今後、始めようとする韓国国内での戦時中の徴用工への個人賠償に関する国内裁判所への訴訟について、その根拠である『強制性』の概念のトーンが減殺されることを嫌っている。このような韓国側の魂胆を、日本側は危惧して、『この強制性の扱いに関しては、ユネスコ登録申請の場では日韓双方で助け合う』ことを、事前の日韓外相会議で話しあっていたはずであった。この事実については、外務省のホームページ(参考1)によって明らかである。このホームページによれば、
6月21日の午前中、岸田外務大臣と尹炳世(ユン・ビョン)韓国外交部長官は1時間半にわたり、総括的に日韓の懸案を話し合いを行っており、この中で両外相は、「旧民間人徴用工」をめぐる韓国内での裁判についても話し合っている。そしてユネスコでの互いの推薦案件の登録に関しては、相互に協力することで合意していた。『徴用をどう説明するか』については、詰めておらず、調整が続いていた。
と述べてある。

ところでユネスコでの上記遺産登録の決定のための審議は、最初、4日に予定されていたが、登録申請のための意見陳述の内容などについて、現地での日本と韓国間の調整が折り合わず、幹事国・ドイツの配慮によって、新規案件の審議期間の最終日である5日に延期された。日韓両国は、上述したように、6月21日の日韓外相会談で互いの推薦案件の登録に向け相互協力することで合意していたが、特に『徴用』を説明する文言について双方で意見の調整ができていなかった。

そもそも『徴用』と言う文言について、日韓間で調整するのは、根本的に困難であった。その根底に、韓国の朴クネ大統領と尹(ユン)外交部長官の反対運動がある。
○朴クネ大統領は、5月20日に、ユネスコ事務局長に対し、直接、日本の今回の世界文化遺産登録が不適切である旨を訴えているし、
○尹炳世(ユン・ビョン)韓国外交部長官は、6月12日に、ユネスコ世界遺産登録の幹事国であるドイツを直接訪問し、日本の世界遺産登録を、不当であるとして、ドイツの当事者に直接、訴えている。そしてユネスコへの登録幹事国のクロアチアとマレーシャに対しては、日本非難で韓国に協力するように要請している。
韓国の対日外交は、完全に二枚舌なのであり、告げ口外交を行っている。

このように日本にとって不利な状況下で、7月5日のユネスコの最終審議日に、日本の申請した「明治日本の産業革命遺産」の採録決定後、日本と韓国の代表の委員はそれぞれ次の陳述を行っている。(参考2)を参照すると、それぞれの内容は下記の通りである。
日本委員(佐藤力(クニ)主席委員・女性・局長クラス)
 1.日本は1940年代に多くの朝鮮人や他の人々が自らの意思に反して幾つかの産業革命遺産に連れてこられ、厳しい環境下で労働を強いられたことへの理解を促進させる措置を準備している。
 2. 第二次大戦中、日本政府は徴用政策も敷いていた。
 3. 情報センターの設置など犠牲者の記憶をとどめる目的で、適切な措置を取る用意がある。
この発言英文の一部は下記の通りである。なお、この部分は(参考3)を参照した。
Japan is prepared to take measures that allow an understanding that there were a large number of Koreans and others who were brought against their will and forced to work under harsh conditions in the1940s at some of the sites,and that,during World War2,the Government of Japan also implemented its policy of requisition.

韓国委員
 1. 韓国政府は日本の声明を真摯(しんし)に受けとめ全会一致の決定に加わる
 2. 決定は世界遺産の精神に沿い、共に協議してきたから可能となった
 3. 日本が誠実に全ての措置を履行することを期待する
この文章を見る限り、日本にとって好ましくはない表現になっている。日本の委員は、この屈辱的な文言を言わされた。1940年代には、戦時下の日本では、日本国民全体に徴用制度が科されていた。朝鮮人だけに特定されていたと言う見方は間違っている。そして朝鮮人だけが酷使されたと言う見方が強調され、日本が朝鮮人のみの人権を無視したかのような人権侵害を強調する不公平な表現になっている。飽くまでも日本を悪者にしようとする魂胆が透けて見える。厳しい環境下で労働を強いられたのは、韓国人だけではない。
韓国側の委員の発言は、上から目線の発言である。そして日本の声明への念押しをしている。さらには韓国が日本と、この件で協議したから、登録が可能になったと、恩着せがましい。さらには約束したことを誠実に実行せよと言ったり、韓国が譲歩したから世界遺産への登録が可能になったと言わんばかりの、恩着せがましい、韓国を笠に来た、上から目線の言い方である。さらには約束したこと実行せよと言う強圧的である。極度に侮辱的である。日本の国家遺産登録なのに、韓国が口を差し挟むこと自体が、異常である。

韓国が、このように戦時中の徴用制度に拘るのは、徴用制度に強制性を認めさせ、それによって日本への個人の賠償、あるいはあわよくば国家的賠償を要求したいからである。慰安婦問題で、散々に慰安婦の強制性を主張し、断じて引こうとしない朴政権は、徴用問題でも日本に強制性を押し付けて、集(たか)り続けたいように思われる。このような韓国側の日本への集りを排除するために、外務省は、すかさず、同日7月5日のホームページで、次のように言及している。
英文 <前略>After the inscription was decided, Japan made a statement in order to reaffirm its position that Japan, as a responsible member of the World Heritage Committee, will sincerely address the recommendations by the International Council on Monuments and Sites (ICOMOS). The statement articulated the recognition that the Government of Japan has held hitherto. There is no change whatsoever to the position that the issues relating to property and claims between Japan and the Republic of Korea (ROK), including the issue of requisitioned workers from the Korean Peninsula, have been settled completely and finally by the Claims Settlement and Economic Co-operation Agreement of 1965, which was concluded on the occasion of the normalization of the relationship between Japan and the ROK.

In this regard, through diplomatic exchanges, it is our understanding that the Government of ROK has no intention to utilize the statement by the representative of the Government of Japan in the context of the issue of claims between Japan and ROK. The expressions such as “forced to work” used in the statement by the representative of Japan do not mean “forced labor.” <後略>

 和文 <前略>本件の登録決定後,我が国は,世界遺産委員会の責任あるメンバーとして,国際記念物遺跡会議(イコモス)の勧告に真摯に対応していく姿勢を示すため,発言を行いました。この発言は,これまでの日本政府の認識を述べたものであり,1965年の韓国との国交正常化の際に締結された日韓請求権・経済協力協定により,いわゆる朝鮮半島出身者の徴用の問題を含め,日韓間の財産・請求権の問題は完全かつ最終的に解決済みであるという立場に変わりありません。

この点,外交上のやりとりを通じ,韓国政府は,今回の我が国代表の発言を,日韓間の請求権の文脈において利用する意図はないと理解をしています。なお,我が国代表の発言における「forced to work」との表現等は,「強制労働」を意味するものではありません。.” <後略>


確かに、韓国人個人への賠償は、1965年の日韓基本条約で解決済みなのである。しかるに韓国は慰安婦の問題は個人賠償とは言え、1965年以降にその強制性の存在が明るみに出て来た物であると主張し、日韓基本条約の範疇外であると主張する。韓国は、今回も、徴用の強制性は日韓基本条約の締結後に発覚した物だと主張できるだろうか。

もし韓国がそのように主張して恥じないのであれば、その証拠を見せてもらいたい。

*****************************************

(参考1)外務省 (http://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/na/kr/page4_001071.html

(参考2)世界遺産:「徴用政策」日本が措置言及 韓国が期待表明 毎日新聞 2015年07月06日 00時24分(最終更新 07月06日 06時48分)http://mainichi.jp/select/news/20150706k0000m030101000c.html
 ◇日韓の調整決着 「明治日本の産業革命遺産」登録決定
 ドイツのボンで開催されている国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は5日午後3時(日本時間同10時)過ぎから日本が世界文化遺産に推薦する「明治日本の産業革命遺産」を審議し、登録することを決定した。韓国側の「戦時中、朝鮮人が強制徴用された施設がある」との主張を巡り日韓の協議が続けられてきた結果、日本側が徴用について「意思に反して連れてこられ、働かされた」などと発言、韓国が評価し、決着した。
 佐藤地(くに)ユネスコ日本代表部大使は決定直後、「日本は、1940年代に幾つかの施設で、その意思に反して連れてこられ、厳しい環境の下で働かされた多くの朝鮮半島出身者などがいたこと、第二次世界大戦中に日本政府としても徴用政策を実施していたことを理解できる措置を講じる」と発言。情報センターの設立を計画していることを明らかにした。これに対し、韓国側は「日本が全ての措置を履行することを期待する」と述べ、日本への支持を表明した。
 審議は当初、4日に予定されていたが、意見陳述の内容などを巡り日本と韓国の間で調整がつかず、新規案件の審議期間の最終日である5日に延期された。日韓両国は6月21日の日韓外相会談で互いの推薦案件の登録に向け相互協力することで合意していたが、徴用をどう説明するかは詰めておらず、調整が続いていた。
 登録決定を受け、岸田文雄外相は外務省で記者団に「登録を確実にするためぎりぎりの調整を行ってきた。誠に喜ばしく、祝意を表したい」と語った。韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相はソウル市内で記者会見し、「両国が激しい対立を避け、対話を通じて問題を解決できた」と強調した。
 韓国政府は戦時中、産業革命遺産の23施設のうち7施設に朝鮮半島出身者約5万8000人が送られ、働かされたと主張。施設に関する説明で、徴用に言及することなどを求めていた。一方、日本は「1850年代から1910年までが遺産の対象年代で、時代が異なる」と反論し、日韓外相会談まで主張は平行線をたどっていた。
 産業革命遺産は、通称「軍艦島」で知られる「端島(はしま)炭坑」(長崎市)▽薩摩藩が手がけた機械工場や反射炉の遺構で構成する「旧集成館」(鹿児島市)▽幕末に実際に稼働した反射炉で国内で唯一現存する「韮山(にらやま)反射炉」(静岡県伊豆の国市)−−など、日本の近代工業化を支えた炭鉱、製鉄などの23施設で構成される。
 今年5月に世界遺産への登録の可否を調査する諮問機関「国際記念物遺跡会議」(イコモス、本部・パリ)が「登録が適当」とユネスコに勧告した。【三木陽介、ボン中西啓介、ソウル米村耕一】 一、日本は1940年代に多くの朝鮮人や他の人々が自らの意思に反して幾つかの産業革命遺産に連れてこられ、厳しい環境下で労働を強いられたことへの理解を促進させる措置を準備している
 一、第二次大戦中、日本政府は徴用政策も敷いていた
 一、情報センターの設置など犠牲者の記憶をとどめる目的で、適切な措置を取る用意がある
 <韓国側>
 一、韓国政府は日本の声明を真摯(しんし)に受けとめ全会一致の決定に加わる
 一、決定は世界遺産の精神に沿い、共に協議してきたから可能となった
 一、日本が誠実に全ての措置を履行することを期待する

(参考3)世界遺産に登録されたら、いきなり「強制労働」はなかったと言いだす日本。日韓、どっちが不誠実?2015年07月07日http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/4a2299af7b9cc34b7bb35691bb3c909b
(参考4a)Extraordinary Press Conference by Foreign Minister Fumio Kishida Sunday, July 5, 2015, 10:49 p.m.http://www.mofa.go.jp/press/kaiken/kaiken4e_000181.html
<略> Minister’s Audience Room, Ministry of Foreign Affairs
After the inscription was decided, Japan made a statement in order to reaffirm its position that Japan, as a responsible member of the World Heritage Committee, will sincerely address the recommendations by the International Council on Monuments and Sites (ICOMOS). The statement articulated the recognition that the Government of Japan has held hitherto. There is no change whatsoever to the position that the issues relating to property and claims between Japan and the Republic of Korea (ROK), including the issue of requisitioned workers from the Korean Peninsula, have been settled completely and finally by the Claims Settlement and Economic Co-operation Agreement of 1965, which was concluded on the occasion of the normalization of the relationship between Japan and the ROK.
In this regard, through diplomatic exchanges, it is our understanding that the Government of ROK has no intention to utilize the statement by the representative of the Government of Japan in the context of the issue of claims between Japan and ROK. The expressions such as “forced to work” used in the statement by the representative of Japan do not mean “forced labor.”<略>

(参考4b) ◇世界遺産委員会の審議での日韓の発言要旨 岸田外務大臣臨時会見記録(平成27年7月5日(日曜日)22時49分 於:大臣接見室前)http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/kaiken2_000004.html
<略>  本件の登録決定後,我が国は,世界遺産委員会の責任あるメンバーとして,国際記念物遺跡会議(イコモス)の勧告に真摯に対応していく姿勢を示すため,発言を行いました。この発言は,これまでの日本政府の認識を述べたものであり,1965年の韓国との国交正常化の際に締結された日韓請求権・経済協力協定により,いわゆる朝鮮半島出身者の徴用の問題を含め,日韓間の財産・請求権の問題は完全かつ最終的に解決済みであるという立場に変わりありません。この点,外交上のやりとりを通じ,韓国政府は,今回の我が国代表の発言を,日韓間の請求権の文脈において利用する意図はないと理解をしています。なお,我が国代表の発言における「forced to work」との表現等は,「強制労働」を意味するものではありません。<略>



韓国ドラマ「華麗なる遺産」オリジナル・サウンド・トラック(CD+DVD) [ (オリジナル・サウンドトラック) ]
楽天ブックス
(オリジナル・サウンドトラック)発売日:2010年07月21日 予約締切日:2010年07月14日

楽天市場 by 韓国ドラマ「華麗なる遺産」オリジナル・サウンド・トラック(CD+DVD) [ (オリジナル・サウンドトラック) ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

百年の遺産 韓国ドラマOST (MBC) (韓国盤)
Danal
V.A.

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 百年の遺産 韓国ドラマOST (MBC) (韓国盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

韓国の世界遺産
ハングルの森 楽天市場店
【商品説明】■出版社: ■著者 :文化財庁■構 成: 238*187mm  156ページ■ Book

楽天市場 by 韓国の世界遺産 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




第03巻 ファーストエンペラーの遺産(秦漢帝国) (中国の歴史 全12巻)
講談社
鶴間 和幸

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 第03巻 ファーストエンペラーの遺産(秦漢帝国) (中国の歴史 全12巻) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

人類の知的遺産11 韓非 【中古】afb
古書 高原書店
発行年:1982年備考:函欠、月報、少ヨゴレ状態:CB6サイズ参考画像はありません

楽天市場 by 人類の知的遺産11 韓非 【中古】afb の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

川越商都の木綿遺産?川越唐棧・織物市場・染織学校
さきたま出版会

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 川越商都の木綿遺産?川越唐棧・織物市場・染織学校 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




最新の教科書に出てくる世界文化遺産 - 大韓民国
Book Star
?漢俊

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 最新の教科書に出てくる世界文化遺産 - 大韓民国 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

英語対訳で読む 日本の世界遺産 (じっぴコンパクト新書)
実業之日本社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 英語対訳で読む 日本の世界遺産 (じっぴコンパクト新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
抗日戦争勝利70年パレード 左手敬礼 
歴史捏造大国・中国が3日に行われた「抗日戦争勝利70年」の軍事パレードで前代未聞の珍事が発生した。 ...続きを見る
風林火山
2015/09/06 02:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「明治日本の産業革命遺産」ユネスコ登録のせめぎ合い 深山飛水の思いつくまま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる