深山飛水の思いつくまま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 国連は『報道の自由』を尊重しようとしていない!!!

<<   作成日時 : 2015/04/12 15:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

兎も角、異常である。外国人である産経の加藤記者を、その書いた記事が気に入らないからと言って、自分の国の裁判所に提訴し、しかも半年以上にわたって、その記者の本国・日本への出国を許さず、韓国に拘束して、半ば監禁同様の扱いをしている。しかもこの記事の引用元になった自国の新聞については、何の咎めもない。明らかに、報道の自由の侵害のみならず、重大な人権の侵害である。しかも侵害されている人物は、自国の国民ではなく、他国の、しかも隣国の国民である。

不思議でならないのは、このような加藤記者への人権侵害と報道の自由の侵害に関し、国連が何もせず、無視していることである。さらにそれにも増して、日頃、人権の重視や報道の自由の尊重を声高に主張している欧州各国や米国が、何もしない国連と一緒になって、全く韓国を非難しないことである。

我々はこのような狂った現状を、極めて異常に、かつ不思議に思う。彼等は、「日本人がこのような不当な扱いを受けている」ことに対し、全く無関心であるとしか思えないのである。

現在、政府は、(参考1)が報道しているように、この問題を国連で提起するそうであるが、どの程度の効果が期待できるか、未知数である。国連始まって以来の無能な事務総長・バンギブンが支配し、それに追従する面々の支配する国連自体への接近は、余程、覚悟しない限り、成功は、当面『望み薄す』なのではないかと思われるからである。
画像

聞くところによると、バンギブンは、国連事務総長を近く退任するので、その後は、韓国の大統領を狙っているのだそうである。だから出来るだけ韓国の国民や現大統領・朴クネの心証を良くして置きたい。こんな男が、産経記者の自由束縛の解除に関心を示すはずがない。 国連は、戦後の事務総長として最悪で低劣な人物を事務総長に選んだ。しかもこの男は、以前は韓国の外交通商相として、竹島や慰安婦で日本に敵対した。国連自身が著しい偏見の持ち主を事務総長に選ぶと云う愚を冒した。

このような無能で偏見に満ちた人物をヘッドに持つ国連は、特定の国々の利益のみに拘泥し、残余の国の利益は無視しているように思える。残念な話である。

**************************************


(参考1)産経前支局長起訴、菅氏「国連でしっかり主張」 2015年03月26日 07時16分 読売新聞(http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150325-OYT1T50117.html)
 菅官房長官は25日の記者会見で、産経新聞前ソウル支局長がコラムで韓国の朴槿恵パククネ大統領の名誉を毀損きそんしたとして在宅起訴された事件について、国連で問題提起したことを明らかにした。
 宇都隆史外務政務官が今月2日、ジュネーブの国連人権理事会で演説した際、「報道の自由は民主主義の基礎を成すものであり、ジャーナリストは書いた記事によって恣意しい的に罰せられるべきではない」と訴えていた。
 菅氏は記者会見で、「韓国側に懸念を表明し、適切な処理を強く求めている。国連の場で適当な機会を得ながら、主張をしっかり行っていきたい」と述べた。




ウォートン流 人生のすべてにおいてもっとトクをする新しい交渉術
集英社
スチュアート・ダイアモンド

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウォートン流 人生のすべてにおいてもっとトクをする新しい交渉術 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

5:00 P.M.-6:00 P.M.

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 5:00 P.M.-6:00 P.M. の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄(祥伝社新書)
祥伝社
ヘンリー・S・ストークス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄(祥伝社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「国連は『報道の自由』を尊重しようとしていない!!!」について
国連は『報道の自由』を尊重しようとしていない!!!」について 筆者は、先の記事「国連は『報道の自由』を尊重しようとしていない!!!」で、聞くところによると、バンギブンは、国連事務総長を近く退任するので、その後は、韓国の大統領を狙っているのだそうである。だから出来るだけ韓国の国民や現大統領・朴クネの心証を良くして置きたい。こんな男が、産経記者の自由束縛の解除に関心を示すはずがない。 国連は、戦後の事務総長として最悪で低劣な人物を事務総長に選んだ。しかもこの男は、以前は韓国の外交通商相と... ...続きを見る
深山飛水の思いつくまま日記
2015/04/20 12:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国連は『報道の自由』を尊重しようとしていない!!! 深山飛水の思いつくまま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる