深山飛水の思いつくまま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍首相訪米へのニューヨーク・タイムズ・社説の偏見!!!

<<   作成日時 : 2015/04/21 17:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

安倍首相訪米へのニューヨーク・タイムズの社説

時事通信の記事:『安倍首相は歴史に誠実に=訪米前に米紙が社説 (2015/04/20-23:05) 時事ドット・コムhttp://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015042000820)』は、昨日(4月20日)の記事で、安倍首相の訪米に関連して、次のように述べている。
 【ニューヨーク時事】米紙ニューヨーク・タイムズは20日付の社説で、今月下旬からの安倍晋三首相の訪米が成功するか否かは、日本が開戦の決定や、中国や韓国に行った「残酷な占領」、「多数の女性を性奴隷として働かせた」慰安婦問題といった戦時の歴史に対し、首相がどれだけ誠実に向き合うことができるかに懸かっていると主張した。(2015/04/20-23:05)
この記事は、極めて反日的で、なおかつ個人的には、安倍首相にたいし、さらには大多数の日本国民への極めて侮辱的かつ挑戦的な社説である。戦後70年経っても、第二次大戦開戦への参戦を非難し、中国や韓国に対する残酷な行為や、韓国人にたいする性奴隷としての慰安婦強制性の問題があったことを強調し、批判している。そしてこれ等の問題に対して謝罪を期待する内容である。

極めて独善的で一方的である。米国・国民に対して、間違いの無い正確で公平な情報を与え、彼等に正しい判断をする材料を提供するのが米国の新聞の役割であるはずなのに、この新聞は、信憑性に関して極めて問題の多い事項に関し、一方的に捻じ曲げて断定した独断と偏見に満ちた情報を流し、日本を悪者に作り上げ、謝罪要求を強調している。かりに事実ならば、いざ知らず、捏造された情報に与(くみ)することはできない。今回の
ニューヨーク・タイムズの20日付の社説を断固非難する。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍首相訪米へのニューヨーク・タイムズ・社説の偏見!!! 深山飛水の思いつくまま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる