深山飛水の思いつくまま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国と無理して和解することはない!

<<   作成日時 : 2015/03/15 15:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

中韓接近

韓国は、最近、日本に経済的に依存するのは止めようとしている。日本よりも、ここ数年で、日本を抜いて、GDPで世界二位に躍進した中国の方が、彼等には魅力的である。地理的にも、歴史的にも中国の方が、日本よりも接近しやすい。戦略的に考えても、中韓接近により、これまで北朝鮮と親密であり、北朝鮮を庇護していた中国を、自分達の味方にすることによって、北朝鮮の対韓敵視勢力の圧力を減殺できる。あわよくば、これまで韓国政権の悲願であった北朝鮮との合併の道が開けるかもしれない。

そして韓国が、日本よりも中国に接近したがるのは、古い歴史の背景もあるように思える。韓国は、古くから中国から多大の政治的、文化的恩恵と影響を受けながら、中国への朝貢外交を根幹として、自国の存立を維持して来た。そして古代の文物の移動は、中国から朝鮮半島を経由して日本にまで伝わった。文物移送の中継をした韓国には、「日本へ新文明を伝える師であった」と云う誇りがある。

かてて加えて、韓国人には儒教思想の影響がある。儒教には、「子は親を敬い、弟は兄を敬まわねばならない」と言う強い主張がある。韓国は日本よりも文明伝達の面で日本の兄であったという誇りがある。彼等は、文明伝達上、自分達よりも風下にあった日本よりも、風上にあった中国と親しくした方が、精神的に安定するのである。中国に接近した方が、彼等・韓国人にとっては、その民族的自尊心を傷つけなくて済むのである。

最近、日本との通貨スワップに関する協定の期間が過ぎたが、韓国側からは、延長の呼びかけは無かった。これは明らかに韓国が経済的に日本離れを企図している証拠である。彼等は現に中国との貿易額の方が日本との貿易額よりも増えている。現に、韓国は中国との間で、元・ウオンの通貨統合も合意済みであり、中国は、韓国に対しアジア・インフラ投資銀行にも参加するよう呼びかけている。

このような状態では、韓国の向かおうとする方向を、敢えて無理に日本に向けようとする必要は無い。ましてや、ありもしなかった慰安婦問題で、飽く迄も、日本いびりを繰り返し、賠償を要求して集(タカ)り続ける相手である。適当にあしらっておけばよい。むしろこの辺で手を切った方が清々するのではないだろうか。

にもかかわらず、日本の内部には、韓国との和解を強く促す輩がいる。自民党の二階・総務会長がその筆頭である。この人は、親中・親韓の塊のような頑迷固陋の人である。中韓のためならば、日本を犠牲にしても良いという人のように見える。年齢からしても政治家を引退すべき賞味切れの人である。にもかかわらず、自民党は、この人を切ろうとしない。

いずれにして、慰安婦問題等で、韓国と和解することは絶対に避けるべきである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国と無理して和解することはない! 深山飛水の思いつくまま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる