深山飛水の思いつくまま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝日新聞は慰安婦誤報の作用効果を検証せよ|

<<   作成日時 : 2015/02/21 15:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

第三者委員会の論点

朝日新聞は、慰安婦募集に強制性があったとする、所謂「吉田証言」が誤報道であったことを認めて謝罪し、それらの報道を撤回した。しかしその後の慰安婦に関する強制性を匂わせる報道ー植村隆氏らの報道−は撤回していない。これでは不十分である。そして吉田証言を中心とした検証委員会を立ち上げたようであるが、その委員会もいつの間にか閉会し、吉田証言の作用効果がどれくらいのものであったかは、明らかにはされなかった。どうやらこの検証委員会自体が、読者からの同情を引き出す作為的な行動であったようにしか見えない。適当なところで、『臭いkものには、早く蓋をしてしまえ』という作為が働いていたように思えてならない。

筆者は、先に、このブログ記事『「朝日」は慰安婦報道の悪影響を徹底検証せよ! (作成日時 : 2015/01/10 17:10) 深山飛水の思いつくまま日記http://mikitogo.at.webry.info/201501/article_1.html)』の中で、
慰安婦問題に朝日の報道がどれくらい影響を及ぼしたか、もっと真剣に、定量的に検証すべきである。朝日新聞は、確かに第三者委員会なるものを立ち上げて、名ばかりの検証と思しき委員会を作った。しかしこの委員会の検証結果は、慰安婦誤報道の作用効果がどれほどあったかについては、詳細は明らかにされず、臭い物には早く蓋をする形で終わってしまった感がある。
朝日新聞の慰安婦記事が発表された当時の前後の外交情勢の変化を、韓国、米国、国連などを中心として、比較検証すれば、それが分かるはずである。特に当時の韓国、米国の新聞論調の変化や、彼等の外交姿勢の変化を政治情勢の変化を検討すれば、報道の作用効果が検証できるはずである。特に当時のこれらの諸国の新聞の論調の変化などは、有力な手がかりである。
と主張した。仮に、そのために時間と経費がかかっても、これは是非ともやってもらいたい。そして誤報道の作用効果がどれくらいあったかによって、それに応じた日本と日本人との名誉回復を世界に向けて行ってもらいたい。

日本と言う国家と日本人と言う民族の名誉にかかわる問題である。朝日新聞はそれを行わねば、朝日新聞自体の名誉も回復されないだろう。これは何も筆者が強調しなくても、すでに5ヶ月も前に、別の人々が主張している。(参考1)の記事は、
安倍首相は、「(朝日新聞の報道が)事実ではないということをいかに国際的に明らかにするか、われわれもよく考えなければならない。政府として歴史的事実を国際社会に広めて行きたい」意向を明らかにした。
 また、自民党の稲田朋美政調会長はフジテレビ番組に出演し、朝日新聞に対し「おわびではなく、日本の名誉回復のため何をするかを発信すべきだ」と注文した。
と述べている。

このような要望があることを、朝日新聞は絶対に忘れてはならない。

***********************************************


(参考1)首相、朝日慰安婦報道「世界に向かって取り消しを」 (2014.9.14 11:37更新 ) 産経http://www.sankei.com/politics/news/140914/plt1409140012-n1.html
【朝日慰安婦検証】 安倍晋三首相は14日のNHK番組で、朝日新聞が慰安婦問題をめぐる一部報道を取り消したことに関し、「世界に向かってしっかりと取り消すことが求められている。朝日新聞自体がもっと努力していく必要がある」と述べ、朝日新聞が事実関係を国際社会に説明すべきだとの考えを示した。同時に「(朝日新聞の報道が)事実ではないということをいかに国際的に明らかにするか、われわれもよく考えなければならない」と述べ、政府として歴史的事実を国際社会に広めていく意向を明らかにした。
 また、自民党の稲田朋美政調会長はフジテレビ番組に出演し、朝日新聞に対し「おわびではなく、日本の名誉回復のため何をするかを発信すべきだ」と注文した。慰安婦問題をめぐる日本への批判が強まっていることについては「現状を変えていく努力をしなければいけない。一つ一つ反論すべきだ」と強調した。
 首相は「日本兵が人さらいのように慰安婦にしたとの(朝日新聞の)記事が世界中で事実と思われ、非難する碑ができている」と指摘。朝日新聞の報道が与えた日韓関係への影響については「一度できた固定観念を変えることは難しいが、(記事取り消しを)関係改善に生かしていくことができればいい」と述べた。
  次世代の党の平沼赳夫党首はNHK番組で、朝日新聞関係者を国会に参考人招致する必要性を強調したが、稲田氏は「まず(朝日新聞)自身で検証すべきだ」と述べるにとどめた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
朝日新聞は慰安婦誤報の作用効果を検証せよ| 深山飛水の思いつくまま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる