深山飛水の思いつくまま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国による産経・加藤記者の起訴は重大な反日行為!

<<   作成日時 : 2014/11/28 17:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

産経新聞の加藤達也・前ソウル支局長は、『朴(パク)槿恵(クネ)韓国大統領に関するネット報道』を咎められて、ソウル中央地検により、『情報通信網法における名誉毀損』との名目で、在宅起訴され、昨11月27日に、ソウル中央地裁で開かれた初公判に出廷し、徹底的に戦う構えを見せた。

そもそもこの裁判には、韓国側の重大な『過誤』がある。筆者が考える『過誤』を列挙してみよう。
@言論の自由にたいする重大な侵害であり、民主主義国家の行為ではない。極めて野蛮な行為である。
A韓国は、加藤氏に対する人権無視という重大な過失を犯した。
B加藤氏は韓国人ではなく日本人である。日本人を意識した嫌がらせである。
C朴クネ大統領による意図が見え隠れする。告げ口外交だけでは飽きたらず、日本を困らせることに必死である。
D加藤氏は、韓国の新聞社『朝鮮日報』のコラムや証券街の情報を引用したに過ぎない。情報源は韓国の情報機関にある。にもかかわらず、韓国側の報道機関の責任は問われず、日本の新聞社のみが標的になった。これはいくら考えても、本末転倒である。
E言論の自由にたいする重大な侵害あり、民主主義国家の行為ではない。

このように韓国側が騒ぎ立てるのは、意外と記事の内容と事実が一致していたのかもしれない。
今回、ソウル中央地検が採った言論の自由にたいする侵害行為は、単に反日行為であるのみならず、世界に対する挑戦である。到底、ただでは済まされない重大問題である。韓国に対する世界による制裁が必要である。国連による制裁を考える必要がある。韓国政府の覚悟の程を聞きたいものである。

なお、この事件に対する世界の反応を、(参考1)〜(参考4)に示した。読者の参考になれば幸いである。

****************************************


(参考1)【本紙前ソウル支局長起訴】 米国務省報道官が「懸念」を表明 (2014.10.9 07:45更新) 産経http://www.sankei.com/world/news/141009/wor1410090015-n1.html
 【ワシントン=加納宏幸】米国務省のサキ報道官は8日の記者会見で、産経新聞の加藤達也前ソウル支局長(48)による朴(パク)槿恵(クネ)韓国大統領に関するコラムをめぐり、ソウル中央地検が情報通信網法における名誉毀損(きそん)で在宅起訴したことを受け、韓国における言論の自由、表現の自由に「懸念」を表明した
 サキ氏は記者会見で報道を承知しているとした上で「検察当局の捜査に当初から関心を持ってきた」と強調した。今年2月に国務省が公表した2013年版の国別人権報告書を挙げ、「米政府は言論の自由、表現の自由を支持し、これまでも韓国の法律に懸念を示してきた」と述べた。
 国別人権報告書は、韓国の法制度に関し、「当局によって政治指導者を批判していると見なされた人物が罰せられる可能性がある」と指摘。また、「名誉毀損を大ざっぱに定義して犯罪とする法律が、取材活動に抑制効果をもたらす可能性がある」としている。

(参考2)国境なき記者団、産経への捜査で韓国を批判=韓国ネット「批判の相手が違う」「世界中が朴大統領を笑っている」 (配信日時:2014年9月10日 6時40分) Record Chinahttp://www.recordchina.co.jp/a93949.html
9日、国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団」は8日、朴槿恵大統領への名誉棄損の疑いで、産経新聞の加藤達也ソウル支局長を捜査する韓国検察を批判した。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。(写真はセウォル号事件について謝罪する朴大統領。)
2014年9月9日、韓国・聯合ニュースによると、国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団」は8日、朴槿恵(パク・クネ)大統領への名誉棄損の疑いで、産経新聞の加藤達也ソウル支局長を捜査する韓国検察を批判した。同団体のアジア担当責任者は「メディアが政治家の行動に疑問を抱くのは当然のこと」とし、加藤支局長に対する捜査の中止と出国禁止措置の解除を求めた。
これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。
○「国境なき記者団って何?利益集団のにおいがする」
○「よく知りもしないくせに、他の国のことまで干渉するな。アジアで韓国ほど誇らしい国はないことを知らないのか?」
○「いくら記者とはいえ、事実と違うことを書いたら駄目だよ」
○「相手が違うだろ。根拠のない記事を書く、麻薬密売業者のような産経こそ批判されるべきだ。こんなことを言う団体に、存在価値はない。今すぐ解散しろ!」
○「さっさと7時間の行動を明らかにしないからこうなるんだ」
○「絶対に起訴してほしい。そうしないと、空白の7時間がうやむやになってしまう」
○「このニュースが世界で注目を集めているという証拠。うれしい」
○「その『当然のこと』を韓国メディアがしないから、外国のメディアに振り回されるんだ」
○「国家を失墜させた最低な記者だ。必ず起訴しないと。ただ、日本を怒らせないように朝鮮日報の記者も訴えよう」
○「大ごとになって恥ずかしい」
○「世界中が朴大統領を笑っている」
○「韓国政府は感情的に行動しすぎだ。今ごろ日本人たちに笑われているだろう」(翻訳・編集/篠田)
(参考3)イギリス誌「朴大統領が民主主義を冒とくしている」韓国ネット「姫のわがままに全世界が注目」「過去に逆戻り」
  2014年10月19日、韓国メディアによると、朴槿恵大統領の名誉を毀損したとして、産経新聞の加藤達也前ソウル支局長が、在宅起訴されたことについて、英誌エコノミストは「韓国政府は、起訴することで国内のメディアを脅そうとしている」と批判した。
エコノミストは18日号に掲載した記事の中で「産経新聞は、朴大統領が韓国メディアからの厳しい批判をけん制するためのスケープゴートにされている」と述べた。また、「朴大統領は『加藤氏らが自分を冒とくすることで韓国国民を冒とくしている』と言うが、国民はむしろ『朴大統領が国の民主主義を冒とくしている』と思っているかもしれない」と主張した。
これを受け、韓国のネットユーザーからも、韓国政府の対応に批判の声が上がっている。
○「本当に無能な政府だ」
○「民主主義は勝ち取るよりも守ることの方が難しいと、今ほど感じたことはない」
○「大統領の仕事は、ある意味サービス業だ。サービスが良くなければ、国民はすぐに解雇できる」
○「朴大統領は冒とくという言葉の意味を理解しているのか?」
○「世界的恥さらし。でも、とりあえず有名にはなれたね!」
○「韓国は過去に逆戻りしている」
○「民主主義と独裁について学んでほしい」
○「朴姫のわがままな行動に全世界が注目しているんだね。ああ、恥ずかしい」
ソース:レコードチャイナ 2014年10月21日 5時29分 (http://www.recordchina.co.jp/a96031.html

(参考4)ル・モンド「韓国で受難に見舞われた言論の自由」http://horukan.com/blog-entry-1679.html
フランス最大の日刊紙ル・モンドが産経新聞の記者の起訴と最近のカカオトークの事態まで、表現の自由と関連した韓国の言論状況について憂慮を示した。
外信専門サイトのニュース番組は16日付の仏紙ル・モンドが「韓国で監視を受けるマスコミ」という記事で「言論の自由と表現の自由が韓国でつらい時期を過ごしている」と伝えた。
ル・モンドは「日本の極右新聞であるソウル駐在記者が起訴され、韓日両国に新たな緊張関係が形成されている」「この緊張関係は、ソーシャルネットワークとメディアに対する韓国政府の強化された管理監督の雰囲気から生まれた」と指摘した。
産経新聞の加藤記者が今年の8月、記事を通じて朴槿恵大統領が、セウォル号沈没当日「消えた7時間」の行動に疑問を提起しており、大統領の不在は、国会でも続けて討論してきた話題だったと紹介した。
ル・モンドは「産経の報道が出ると、韓国のある保守団体は加藤記者を最高懲役7年に処されることもある名誉毀損の疑いで検察に告発した」と伝え、この事件に対する日本と米国政府報道官の反応と「朴大統領の不在問題は公共の利益の領域」と主張した「国境のない記者団」の声明内容も付け加えた。
さらに「韓国政府当局がソーシャルネットワークまでも監視しようとしている」とし、カカオトーク利用者たちの「サイバー亡命」の事態を伝えた。
ル・モンドは「韓国人たちが最も愛用していたソーシャルネットワークであるカカオトークを放棄して、より安全なものと言われている、テレグラムメッセンジャーに集まっている」「テレグラムユーザーは「サイバー亡命を歓迎する」とお互いにメッセージを送り合っている」と付け加えた。
引用:daum/NEWSis (http://media.daum.net/foreign/others/newsview?newsid=20141017075107705





ニュースペーパーウーマン?大統領番から戦争特派員まで
中央公論社
栗木 千恵子

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ニュースペーパーウーマン?大統領番から戦争特派員まで の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

結縁拉丁美洲(中国語) (中国大使手札)
東方出版中心
徐 貽聡

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 結縁拉丁美洲(中国語) (中国大使手札) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






ニュースの天才 (字幕版)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ニュースの天才 (字幕版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国による産経・加藤記者の起訴は重大な反日行為! 深山飛水の思いつくまま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる