深山飛水の思いつくまま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「橋元発言が、何故、米政府の怒りを買ったのか?」について

<<   作成日時 : 2013/05/21 20:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

橋元発言が、何故、米政府の怒りを買ったのか?」について
橋元大阪市長は、最初、戦争中、日本軍が慰安婦を使っていたことを、肯定して見せた。

安倍政権による日本政府が、慰安婦の存在について、その強制性はなかったと云う表現で、慰安婦の問題をはっきりとは肯定しない方針であるのに、これに反する発言をした。さらには、戦争中、日本軍が慰安婦を使ったことは、人権問題上、特に女性の人権侵害としてて畏怖であるとして、日本を責め立てている米国政府と真っ向から対立する立場となった。確かに、米国も韓国も、その軍隊が特に戦闘中、慰安婦を使っていることは、事実であろう。しかし『日本軍が慰安婦を使ったことが何故悪い』という表現の前に、『慰安婦の存在を当然』とする考え方や表現を、彼らは嫌うのである。

橋元大阪市長は、
『日本軍は、戦争中、慰安婦を使ったかもしれない。これは士気の昂揚上、やむを得なかった。しかし女性の人権無視を行ったことは、遺憾である。もちろん、米国や韓国の軍隊を見習って、今後、日本の自衛隊による対女性人権侵害問題は厳重に取り締まるべきであると思う』
と言う表現に変えるべきであった。もし橋元氏が、この表現を潔しとしないとする時でも、
米国や韓国の軍隊を見習い、女性の人権を守ることを誓います。
と言う程度で済ました方がよいと思われる。

米国人は、理屈に合わないことを、平気で云う。それに輪をかけておかしいのが韓国である。嘘を平気で言う奇妙な国民性の民族である。こういう連中を本気で相手にしたら、こちらもおかしくなってしまう。適当にあしらうべきである。

ただ、我々が日本人だと言う最後の毅然たる一線は守りぬかねばならない。

*******************************


(参考1)橋下氏「韓国軍だって女性利用」 維新パーティーで持論 (2013年5月21日0時36分) 朝日デジタルhttp://www.asahi.com/politics/update/0521/OSK201305200153.html
 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は20日夜、堺市内での大阪維新の会のパーティーであいさつし、戦時中の旧日本軍慰安婦問題に関連して「日本も悪かった。戦場の性の問題として女性を利用していたのは間違いない。その代わりアメリカだってイギリスだってドイツだってフランスだって、もっと言えば第2次世界大戦後のベトナムでは韓国軍だって、みんな戦場の性の問題として女性を利用していたんじゃないんですか」「日本も悪かったけど、あなたがた、過去を直視しなさいよと言うのが日本の政治家だと思っている」と持論を展開した。
橋下氏のこれまでの発言
 戦時中の慰安婦が「必要だった」とする発言については「当時、日本も慰安婦を利用した。それは自己正当化しないけれども、日本だけではなく、世界各国の軍が女性を利用していた、女性を必要としていた。ということは、その当時の状況として必要としていたんじゃないですか、ということで必要という言葉を出した」と説明した。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エアマックス 2013
「橋元発言が、何故、米政府の怒りを買ったのか?」について 深山飛水の思いつくまま日記/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 2013
2013/07/09 14:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「橋元発言が、何故、米政府の怒りを買ったのか?」について 深山飛水の思いつくまま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる