深山飛水の思いつくまま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 橋元氏は、慰安婦問題で、韓国や米国の矛盾を突くべきであった!

<<   作成日時 : 2013/05/15 16:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

画像

日本維新の会・橋下、石原両共同代表の慰安婦等をめぐる一連の発言 (注)

ここのところ橋下大阪市長が、『戦時中の軍に、慰安婦が必要であった』などと発言して、各方面から集中攻撃を浴びている。彼はこの発言によって、戦時中の日本軍に慰安婦がいたことを正当化しようとしているように見えると同時に、慰安婦の存在をあからさまに認めようとしているようにも思える。これは、慰安婦募集に強制性がなかった、そして慰安婦を含む韓国国民への個人的賠償は、韓国政府も合意した日韓基本条約で解決済みとする従来からの日本政府の方針に一致しない。この発言は、物議を醸すのは当然である。

橋元氏は、『慰安婦』なるものは、戦争中、どこの国でも存在した。命のやり取りの場に直面している兵士に性のはけ口は必要であったとして、慰安婦なるものを、一般論として肯定しているように思える。このように肯定したのは、その後に、『この慰安婦なる仕組みは、何も日本に限ったことではない。世界各国が行っていることであり、何故、日本だけが、責められねばならないか』と言う言葉が続かねばならなかった。

この言葉がなかった点は、橋元氏が舌足らずであったと言えよう。

韓国は、日本による韓国人慰安婦なる物を、誇大に宣伝・捏造して人権問題化し、日本を牽制し、日本から莫大な賠償を巻き上げる手段としたい。そして慰安婦問題を、性奴隷問題として、また最悪の女性人権蔑視問題として、米国を味方に引き込むことは、韓国にとって、さほど困難ではない。

橋元氏は、この辺を、もっと鋭く言及すべきであった。

ところで、性奴隷的所業は、果たして日本だけのものであろうか。

ベトナム戦争中の、韓国兵によるベトナム婦女子への性的犯罪はほとんど問題にされていない。これは一緒にベトナム戦を戦った米国の庇護にいるものと視るのは間違いだろうか。戦後、米国進駐軍は、日本国内で多くの日本人婦女子を犯した。 ここ数年前までは、沖縄での米軍兵士による性的事件が絶えなかった。

橋元氏は、韓国や米国の慰安婦攻撃と、彼らの所業との矛盾を強く指摘すべきであった。

(注)(参考1)の添付写真をGoogle 検索を通じて転載した。

**********************


(参考1)維新・橋下氏、止まらぬ持論 「慰安婦必要」石原氏が同調 (2013年5月15日) 朝日デジタルhttp://digital.asahi.com/articles/TKY201305140756.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_TKY201305140756
日本維新の会の橋下、石原両共同代表の慰安婦などをめぐる一連の発言
 日本維新の会の橋下徹、石原慎太郎の両共同代表が暴走している。橋下氏は14日も旧日本軍の慰安婦について「必要」との持論を展開し、在日米軍に風俗業の活用を提案。こうした発言に、米政府関係者は不快感を示し、日米関係の悪化を懸念する安倍政権には戸惑う声も強まっている。▼1面参照
 ■維新内、批判広がらず 連携模索、政権に戸惑い
 「お金をもうける一番安易な手段として(売春は)昔からあった」。14日昼、国会内。石原氏は慰安婦を「必要」とした橋下氏の発言に同調した。橋下氏が示した在日米軍の風俗業の活用についても「米海兵隊が小学生を陵辱した事例が現にある」と理解を示した。
 一方の橋下氏。14日は大阪市長としての公務はなく、朝からツイッターでつぶやき続けた。「兵士の性をどのようにコントロールするか。いつの時代も軍のオペレーションとしての最重要課題」「戦時下においては世界各国の軍でどうだったのか。日本だけが特殊だったのか」
 橋下氏がなぜ一連の発言に踏み込んだのか。橋下氏は4月30日から5月2日まで、沖縄県を訪問。狙いは米軍普天間飛行場の県内移設に取り組み、米軍基地問題に取り組む姿勢をアピールすることだった。
 1日には普天間で基地司令官と会談。同行した関係者によると、橋下氏が「米軍の街中での犯罪が問題になっている。独身の若い男のストレス発散はどうしているんですか」と質問すると、司令官は「ジムやスキューバです」。さらに「風俗は行かないんですか」と問うと、「禁止してます」との返事があったという。
 橋下氏周辺は「辺野古移設をお願いするうえで、地元の懸念が米兵の犯罪。何とかしなければという思いはあったと思う」。橋下氏に近い国会議員も「本音で議論するために、あえてアドバルーンを上げたのだろう」と解説する。
 維新の複数の国会議員は一連の発言について「売春を認めたことになる。女性に評判が悪い」(幹部)と参院選への悪影響を懸念するが、表だって批判する声は上がらない。高い人気を背景に維新を引っ張ってきた橋下氏の進退問題につながれば、一気に党が傾きかねないからだ。松井一郎幹事長は記者団に「橋下さんらしい。お酒を飲むところでも風俗営業の許可がいる。そういう場所で発散してということだ」。松野頼久国会議員団幹事長も会見で「決して問題視しているわけではない」と語った。
 一方、参院選後の連携も模索する安倍政権からは戸惑いも漏れた。稲田朋美行革相は会見で「慰安婦制度は女性の人権に対する侵害だ」。自民党の石破茂幹事長は会見で「発言を配慮していかないと国益を損なう」と指摘した。政権にとって、維新の存在は連携をちらつかせることで民主党や公明党を牽制(けんせい)する有力なカードの一つだ。憲法改正で共闘も視野に入る状況に変わりはないが、米国との外交問題に発展すれば協力が難しくなる可能性もある。
 橋下氏周辺には「橋下さんは安倍晋三首相が言えないことを言おうとしているのではないか」と、政権の見解からあえて踏み込んだとの見方もある。ただ、安倍晋三首相自らの歴史認識発言が米国内に波紋を広げていることもあり、政府高官は「米軍への風俗業の奨励はまずい」と漏らす。
 参院選で維新との選挙協力を決めている渡辺喜美・みんなの党代表は記者会見で「日米同盟を強化する立場からは、デリケートな問題に発言を慎むのが本来の姿だ。選挙後も合流することはない」と、橋下氏を批判した。(左古将規、明楽麻子)
 ■「ばかげている」米が苦言
 「ばかげている」「我々のポリシーや価値観からかけ離れている」。朝日新聞の取材に応じた米国防総省の報道担当者は13日、橋下氏の発言に強い不快感を示した。米軍の軍人にはUCMJ(統一軍法典)が適用され、金銭の対価として性的行為をすることが禁じられている。
 歴史認識問題の中でも、慰安婦については米国内でも非常に反発が強い。「右派にとっては(キリスト教が禁じる)売春の問題であり、左派には女性の搾取の問題だ。日本に同情する見方は全くない」(シーファー前駐日大使)からだ。日本政府は「慰安婦」を「コンフォート・ウィメン」と英訳しているが、欧米メディアは「セックス・スレーブ」(性奴隷)と表現しているのもその表れだ。
 慰安婦問題は、第1次安倍内閣でも厳しく批判された。安倍首相は2007年4月のブッシュ大統領との会談で慰安婦への謝罪表明に追い込まれ、米下院では非難決議が採択された。
 今回も当時の決議を推進した議員を中心に、議会で再び対日批判が出始めている。2月にはマイク・ホンダ下院議員らが佐々江賢一郎駐米大使に、「河野談話見直しは日米関係に重大な意味を持つ」と深刻な懸念を表明する書簡を送った。
 橋下氏が慰安婦問題と関連づけて、米軍に「風俗業の活用」を訴えたことで、知日派の有識者からも「多くの人は侮辱と受け止める」(マンスフィールド財団のゴードン・フレーク所長)といった批判が出ている。フレーク氏は、最近の日本の政治家の歴史認識に関する発言に首をかしげる。「世界でより大きな役割を果たそうという前向きなナショナリズムは米国は支持する。しかし、過去の行為を正当化しようとする後ろ向きのナショナリズムであれば、多くの共感を得ることはできない」と指摘した。
 また、外交問題評議会のシーラ・スミス上級研究員も「言葉がでないくらいだ」と橋下氏の発言を批判。「一連の政治家の発言が日本に与える影響について、日本国内では十分に認識されていないのではないか」と苦言を呈した。
 スミス氏は、慰安婦の問題は戦時下の女性の権利や人身売買といった現代の国際社会が取り組む課題にもつながると指摘。「外国からは『日本は何者で、どんな国になろうとしているのか』という疑問が起きる。『やったのは自分たちだけではない』という説明は、過去を受け入れるかどうかの答えにはなっていない」と話した。(ワシントン=大島隆)
 〈+d〉デジタル版に橋下氏と石原氏の発言詳報




【送料無料】 ビルマ戦線楯師団の「慰安婦」だった私 歴史を生きぬいた女たち / 文玉珠 【単行本】
HMV ローソンホットステーション R
商品の詳細ジャンル哲学・歴史・宗教フォーマット単行本出版社梨の木舎発売日1996年02月ISBN97

楽天市場 by 【送料無料】 ビルマ戦線楯師団の「慰安婦」だった私 歴史を生きぬいた女たち / 文玉珠 【単行本】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【総額2500円以上送料無料】戦争と性 韓国で「慰安婦」と向きあう/高柳美知子/岩本正光
オンライン書店boox
著者高柳美知子(編著) 岩本正光(編著)出版社かもがわ出版発行年月2007年08月ISBN97847

楽天市場 by 【総額2500円以上送料無料】戦争と性 韓国で「慰安婦」と向きあう/高柳美知子/岩本正光 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【中古】 従軍慰安婦・慶子 / 千田夏光
伊藤書房ネット事業部
コンディション良いコメント日焼け・シミ有カテゴリ文庫著者千田夏光出版社光文社ISBN-1043347

楽天市場 by 【中古】 従軍慰安婦・慶子 / 千田夏光 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エアマックス 2013
橋元氏は、慰安婦問題で、韓国や米国の矛盾を突くべきであった! 深山飛水の思いつくまま日記/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 2013
2013/07/10 00:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
橋下が余計な発言さえしなければ、今頃は、韓国大統領報道官による全裸セクハラ事件が紙面を賑わしていたはずです。

というより、韓国のセクハラ文化が新聞で紹介されないよう、「日本の従軍慰安婦問題」をこのタイミングで取り上げ、韓国ではなく米軍に噛みついたのではないでしょうか。

舌足らずな部分も含めて、十分計算した上での発言ではないかと。
通行人
2013/05/16 21:58
コメントを頂き、有難うございました。

橋元氏の発言は、戦時中の日本軍による従軍慰安婦の存在を、明確に認めたことになり、その点に違和感があります。

ただ、慰安婦問題を、女性人権無視問題の見地から、日本軍特有のものとして押し付けようとする米国の姿勢には、納得しかねるものがあります。

さらに、日本を悪者にして、金つぶてで米国をたきつける韓国の卑劣なやり方にも怒りを感じます。韓国は、自国の名だたる『セクハラ文化』を糊塗して、日本に肩代わりさせようとしているように見えます。これも腹立たしい限りです。

現在、日本には、韓国人の慰安婦的女性や、時によっては、慰安婦的男性までがいるようですが、韓国はこの問題をどう説明するのでしょうか。

米国にしても、かつて日本に進駐した米兵のための慰安所の設置を要求した事実があります。

彼らは日本ばかり悪者にして、自分たちの悪行はほうかぶりするつもりのように見えます。

怪しからぬ話です。
深山飛水
2013/05/18 07:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
橋元氏は、慰安婦問題で、韓国や米国の矛盾を突くべきであった! 深山飛水の思いつくまま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる