深山飛水の思いつくまま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 慰安婦をめぐる情報源の真実性について!!!

<<   作成日時 : 2012/08/27 10:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

慰安婦をめぐる情報源の真実性

 読売新聞の21日の記事『(参考1)』は、『慰安婦問題、誤解広げたのは宮沢内閣の河野談話 (2012年8月21日22時26分 読売新聞)』と題して、河野談話・発表に至った経緯を述べている。そして
一部全国紙が90年代初頭、戦時勤労動員だった「女子挺身隊」について、日本政府による“慰安婦狩り”だったと全く事実に反する報道をしたことが発端となった。
と述べている。ここで一部全国紙とは、『朝日新聞』を指すものと思われる。ただ読売新聞では、この報道の前に吉田証言なるものが、大きな禍の根源となったことを述べていない。ここでは、読売新聞には書いてない吉田証言に関連する部分を、次に簡単に述べることとする。

 @ウィキペデイアの『(参考2)』によれば、慰安婦論争の契機となったのは、1982年に樺太裁判で吉田清治が  『済州島で朝鮮人奴隷狩りを行った』と証言したことに始まる。その後、吉田自身が、この証言は虚言であっ   たことを自白し、懺悔している。しかし、この吉田証言は、『日本官憲が女性を徴発したとする今日の韓国人   の集団的記憶形成に決定的に寄与した』ことは間違いないと考えられている。

 A1990年には、『ハンギョレ新聞』紙上で、韓国の梨花女子大学教授の尹貞玉が「"挺身隊"怨念の足跡取材  記」と題する4回に渡る連載で慰安婦問題を告発し、韓国で大きな反響を呼んだ。以降、韓国では、女子挺身  隊と慰安婦問題が混同されれ、日本非難の声が、鬱然として巻き起こった。

 B1991年8月11日 『朝日新聞』が「元朝鮮人従軍慰安婦 戦後半世紀重い口開く」(韓国特派員植村隆のソウ  ル発記事)との見出しで、「日中戦争や第2次大戦の際、「女子挺身隊」の名で戦場に連行され、日本軍人相手 に売春行為を強いられた「朝鮮人従軍慰安婦」のうち、一人がソウル市内に生存していることがわかり、「韓国 挺身隊問題対策協議会」(尹貞玉・共同代表、16団体約30万人)が聞き取り作業を始めた。」と報じている。

 それにしても、吉田証言による慰安婦というという捏造証言は、我が国に対し重大な損失を与えた。そして韓国人は一斉にそれを信じ、しかも誇大に信じ込んだ。そしてさらに尾ひれが付いた。こういうう噂は自分たちに利益になるような噂に拡張され、それが独り歩きして、ますます尾ひれがつく。この問題に携わる記者が、韓国に同情的な記者であったりすると、その記者は、韓国に利益になるような記事を書く。この記事が次第と増殖される。そして日本に不利益になるような記事が独り歩きするようになる。

その結果は、真実とは著しくかけ離れた虚言情報となってしまう。情報機関は、最初の情報源の真実性の確認と、情報提供者の信頼性の確認が必要である。これを怠った報道機関は決して許されてはならない。特に真実性を欠くために、国家に不利益を招くような報道は、厳しくその責任を問われねばならない。報道機関は、ゆめゆめ真実ではない不正確な情報は流してはならない。これを怠った報道機関は、心から反省する必要がある。

*********************************************

(参考1)慰安婦問題、誤解広げたのは宮沢内閣の河野談話 (2012年8月21日22時26分 読売新聞)(http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120821-OYT1T01135.htm)
 いわゆる従軍慰安婦問題が日韓の論議となる背景には、宮沢内閣当時の1993年の河野洋平官房長官談話が、日本の官憲による強制連行があったかのような印象を与えた問題がある。
 慰安婦問題が日韓の政治・外交問題化したのは、一部全国紙が90年代初頭、戦時勤労動員だった「女子挺身隊」について、日本政府による“慰安婦狩り”だったと全く事実に反する報道をしたことが発端となった。韓国世論が硬化する中、政府は資料の調査と関係者からの聞き取りを行い、宮沢内閣の加藤紘一官房長官(当時)が92年、旧軍が慰安婦募集などに関与していたとする調査結果を発表した。しかし、強制連行の裏付けとなる資料は見つからなかった。
 韓国側の批判はなお収まらなかったため、宮沢内閣は翌93年、慰安婦の募集について「官憲等が直接これに加担したこともあった」などとし、「おわびと反省」を表明する河野談話を発表した。韓国側に配慮し、あいまいな表現で政治決着を図る狙いがあったが、逆に強制連行があったという誤解を内外に広げる結果につながった。
 談話作成にかかわった石原信雄元官房副長官は後に「強制連行を立証する資料はなく、慰安婦の証言をもとに総合判断として強制があったということになった」と証言した。安倍内閣当時の2007年には「政府が発見した資料の中に、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示すような記述は見当たらなかった」とする政府答弁書を閣議決定している。(2012年8月21日22時26分 読売新聞)

(参考2)慰安婦(ウイキペデイア)
<前略>慰安婦論争の契機となったのは、1982年に樺太裁判で吉田清治が済州島で朝鮮人奴隷狩りを行ったと証言し、1983年に吉田清治が済州島で自ら200人の女性を拉致し慰安婦にしたとする「私の戦争犯罪―朝鮮人強制連行」を出版したことに始まる。、<中略>吉田証言は検証を通じて事実ではないことが明らかになっており、吉田自身も虚構であることを認めていることから現在では信頼できる証言として採用されることはなくなった。この吉田証言は日本官憲が女性を徴発したとする今日の韓国人の集団的記憶形成に決定的に寄与したことが李栄薫ソウル大学教授によって明らかにされている。<後略>



【中古】 国際法からみた「従軍慰安婦」問題 / 国際法律家委員会
伊藤書房ネット事業部
コンディション可コメントページ割れ・汚れ・ヨレ・傷み・破れ・折れ・日焼け有カテゴリ単行本著者国際法律

楽天市場 by 【中古】 国際法からみた「従軍慰安婦」問題 / 国際法律家委員会 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

戦争と性 韓国で「慰安婦」と向きあう/高柳美知子/岩本正光
オンライン書店boox
著者高柳美知子(編著) 岩本正光(編著)出版社かもがわ出版発行年月2007年08月ISBN97847

楽天市場 by 戦争と性 韓国で「慰安婦」と向きあう/高柳美知子/岩本正光 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

従軍慰安婦正篇 千田夏光【中古】afb
ブックセンターいとう
商品状態:カバー若干傷み、小口若干シミあります。コンディションランク:Bタイトル従軍慰安婦正篇 /

楽天市場 by 従軍慰安婦正篇 千田夏光【中古】afb の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




よくわかる慰安婦問題 草思社文庫 / 西岡力 【文庫】
HMV ローソンホットステーション R
商品の詳細ジャンル哲学・歴史・宗教フォーマット文庫出版社草思社発売日2012年12月ISBN9784

楽天市場 by よくわかる慰安婦問題 草思社文庫 / 西岡力 【文庫】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【送料無料】 「従軍慰安婦」問題と性暴力 / 鈴木裕子 【単行本】
HMV ローソンホットステーション R
商品の詳細ジャンル社会・政治フォーマット単行本出版社未来社発売日1993年10月ISBN978462

楽天市場 by 【送料無料】 「従軍慰安婦」問題と性暴力 / 鈴木裕子 【単行本】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

闇に挑む!拉致、飢餓、慰安婦、反日をど / 西岡力【中古】afb【10P22Nov12】
ブックセンターいとうプラス
商品状態:カバーや本体に日焼けやスレ等の使用感があります。万が一品質に不備があった場合は返金対応いた

楽天市場 by 闇に挑む!拉致、飢餓、慰安婦、反日をど / 西岡力【中古】afb【10P22Nov12】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『慰安婦の真実』についてもっと知ろう!!!
日本人が知っておくべき慰安婦の真実 このまま放っておくと、韓国のデマ宣伝によって、韓国によってでっち上げられた『日本軍による慰安婦の強制性』が一人歩きし、これが真実であるかのごとく、世界に信用され、日本人及び日本の将来に禍根を残す。我々、日本人は、このような謂れのない中韓、特に韓国による嘘によって、多大の損害を受けることになる。 ...続きを見る
深山飛水の思いつくまま日記
2013/09/27 17:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
慰安婦をめぐる情報源の真実性について!!! 深山飛水の思いつくまま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる