深山飛水の思いつくまま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 今や九州全土は韓国資本によって買い取られかねない!!!

<<   作成日時 : 2011/02/24 16:06   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

これまで日本国内の山林や、土地や水源地が外国によって買われていることは報道されていた。そしてそれが中国によるものが多く、北海道に集中していると言われていた。秘かにこのような状態が日本国内で行われていることは、いかにグローバル化が進んだ時代とは言え、我が国(注)にとって、無視できない由々しい問題であると思っていた。

そして2年くらい前に、対馬の土地が韓国時によって買い占められており、韓国人が60万人も日本に住んでいることを考えると、これは韓国による日本領土侵略の一手法ではないかと考えすらしたものである。事実、民主党は、当時、必死になって外国人地方参政権授与の法律を通そうとしていた。これでは対馬は韓国に盗られてしまうという危機感を抱いたものであった。

それが、今また、今朝の朝日新聞の「経済」欄の記事『(参考1)』を見て、肝を潰さんばかりに驚いた。九州のゴルフ場やホテルの大部分が韓国資本によって買われていると云うのである。この新聞は、その場所を地図上に分かりやすく表示していた。その図を借用しようとしたが、『無断転載禁止』となっていた。そして、
韓国資本が経営するゴルフ場やホテルが九州で計31カ所にのぼることが分かった。韓国系ゴルフ場は全国45カ所のうち半数近い22カ所が集中。温泉や豊かな食材を売り物にしたアジア客の観光誘致を超え、韓国経済の勢いと九州との直結ぶりを映し出した。
と述べて、韓国資本の九州への上陸を歓迎している。

しかしこれは由々しい問題であると考える。筆者が、一時、抱いた対馬に対する懸念は、今度は、九州全土に拡がった。現在のところ、我が国(注)には、外国資本による我が国(注)の土地買収を規制する法律はない。
筆者の1月の記事『もっと早く速く日本の土地を守る法律の制定を (作成日時 : 2011/01/21 15:24) 深山飛水の思いつくまま日記http://mikitogo.at.webry.info/201101/article_21.html)』の中で、1月20日の産経のネット記事『(参考2)』の報道を紹介している。その報道は、
北海道などで中国、韓国関係者らによる土地や森林取得が進んでいることを受け、民主党は1月20日、「外国人による土地取得に関するプロジェクトチーム(PT)」の初会合を国会内で開き、森林問題に詳しい東京財団の平野秀樹研究員から聞き取りを行った。
と述べている。
漸く外国人が日本の国土を買収する動きに対抗する法律の制定に向けた動きを開始し、今国会で、その法律を制定する動きにあると思われる。この種の問題は与野党の政争の道具となる問題ではなく、国家として自国の領土を守るための与野党共通の問題である。もっと早急に手を付けていなければならない問題であった。

『(参考2)』が言うように、『地方経済の疲弊に苦しむ地元自治体にとっても、韓国資本の受け入れは雇用の維持や(韓国からの)観光客の増加を期待できる』という思いは分からないではない。しかしこの問題は、地方自治の経済活性化に繋がるという「正の面」を持つと同時に、全家的な問題であり、日本全体の安全保障の立場から見て重大な問題であるという負の側面を持っている。

政府は、外国人土地購入規制に関する法整備を急がねばならない。

(注)「我が国」を「この国」とは呼ばない。

----------------------------------------------


(参考1)韓国資本、九州を席巻 31のゴルフ場やホテルが集中2011年2月24日8時2分(http://www.asahi.com/business/update/0223/SEB201102230005.html)
 韓国資本が経営するゴルフ場やホテルが九州で計31カ所にのぼることが分かった。韓国系ゴルフ場は全国45カ所のうち半数近い22カ所が集中。温泉や豊かな食材を売り物にしたアジア客の観光誘致を超え、韓国経済の勢いと九州との直結ぶりを映し出した。
 シンクタンクの九州経済調査協会(福岡市)が23日、資本の過半が韓国系となっている施設などを集計した。
 ゴルフ場は22カ所、ホテルは9カ所(併設分も含む)で、ほぼすべてが既存施設の買収だった。なかでも熊本の計8カ所、宮崎の6カ所が目立つ。阿蘇や霧島といった人気の観光地への足回りのよさや、韓国便がある空港への近さに目を付けているようだ。
 九経調によると、韓国企業による買収は2002年ごろから始まり、05年前後に加速した。景気に勢いがない日本のリゾート地は苦戦が続く。地方経済の疲弊に苦しむ地元自治体にとっても、韓国資本の受け入れは雇用の維持や観光客の増加を期待できる。
 九州を訪れる外国人客の6割が韓国から。熊本県のある自治体の企業誘致担当者は「地元商店とのつきあいも雇用も以前通りでありがたい」と話す。(大畑滋生)

(参考2)民主党の外国人土地取得PTが初会合 (2011.1.20 19:21) 産経http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110120/stt11012019210033-n1.htm
 北海道などで中国、韓国関係者らによる土地や森林取得が進んでいることを受け、民主党は20日、「外国人による土地取得に関するプロジェクトチーム(PT)」の初会合を国会内で開き、森林問題に詳しい東京財団の平野秀樹研究員から聞き取りを行った。
 平野氏は「国土をどう管理すべきか真剣に考えるべきだ」と述べ、森林法改正など関連法案の整備が急務との考えを示した。PTは今後、関係省庁から聞き取りを行い、年度末に提言を取りまとめる方針だ。PTの座長には一川保夫政調会長代理が就任した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン サングラス
今や九州全土は韓国資本によって買い取られかねない!!! 深山飛水の思いつくまま日記/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン サングラス
2013/07/03 18:14
可能な限り厳しくありたい、国防上重要な土地の取得制限・新法
筆者は過去何回かに亙り、このブログ記事上で、我が国の国土が、外国に買い取られていることに、安全保障上、特に国防上、重大な懸念がある事に関し、対策の必要性を表明して来た。 ...続きを見る
深山飛水の思いつくまま日記
2013/11/20 11:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今や九州全土は韓国資本によって買い取られかねない!!! 深山飛水の思いつくまま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる