深山飛水の思いつくまま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国・教総、10月25日を「独島の日」に決定!

<<   作成日時 : 2010/10/26 10:38   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 0

画像

韓国の教総(韓国教員団体総連合会)が、竹島が、、韓国領有の島であることを国民に教育し、定着させるために、10月25日を、「独島の日」とし、前後、1週間を「独島週間」と定めたそうである。25日の『中央日報』の日本語版『(参考1)』が,これを伝えている。

竹島の占領は、1954年、韓国の初代大統領・李承晩によって行われた。明らかに日本領土であるのに、この韓国の違法なやり方は、歴史上許されるべきものではない。日本政府が韓国jに低姿勢であることを、よいことにして、その隙を狙って、世界に向かって、『竹島が韓国領土である』と発信し続けている。日本政府、特に最近の民主党政権は不思議に韓国に低姿勢である。これまで小沢一郎、鳩山由紀夫、管・現首相は、韓国に対して、『韓国による竹島の』領』に異論を差し挟み、抗議した政治家は一人もいない。この傾向は、早急に修正せねばならない。

筆者は、これまで、竹島問題について、何度となくこのブログ記事上で、「日本の竹島領有が正しい」ことを、主張してきた。この問題は、日本国内だけで主張してみても余り効果的ではない。今後は英語版をネット上に送ってはどうかと考えている。世界世論に訴えねば駄目である。世界世論は、韓国による総力を挙げた竹島(独島)領有正当化運動によって、非常に毒されている。この毒を抜き取る活動が必要である。これは、我が国に生を受け、戦中、戦後を生きてきた筆者の務めでもあると考える。

なお、2008年の韓国紙の、竹島問題を記述した記事があったので、(参考2)にこれを示す。当時の世界世論は日本に有利であったことを、この韓国紙は認めている。しかし彼らは、そこで韓国自身が正しいか否かの反省がない。彼らは自分たちの思い込みが正しいかどうかの見極めをしようと云う視点に絶対に立とうとしない。奇妙な近視眼的な国民性である。このような輩に対抗するには、それ相応の覚悟が必要である。

******************(終わり)*******************


(参考1)10月25日は「独島の日」 (2010.10.25 14:21:37) 中央日報日本語版http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=134228&servcode=A00&sectcode=A10
2010年10月25日、独島(ドクト、日本名・竹島)の意味を改めて確認する「独島の日」が宣布された。 110年前の今日である1900年10月25日は、高宗(コジョン)皇帝が「独島はわが国の領土」であることを万国に宣言した大韓勅令第41号が制定された日。
韓国教員団体総連合会(教総)は、独島が大韓民国の大切な領土であることを国内外に明確に知らせ、学生に正しい歴史認識と国に対する愛を悟らせることを目的に毎年10月25日を「独島の日」、前後の1週間を「独島週間」に定めた。
現在、鬱陵郡(ウルルングン)が属している慶尚北道(キョンサンブクド)は毎月10月を「独島の月」と指定し、記念行事を開催しているが、全国規模ではこれを記念していない。 このため全国組織を持つ教総が「独島の日宣布と独島週間運営」方針を明らかにした。
これは全国単位で初めて宣布された独島記念日で、今後、政府レベルの「独島の日」制定にも大きな影響を及ぼすとみられ、その意味は大きい。
一方、日本の島根県は韓国政府の強い抗議にもかかわらず、2005年に「竹島の日」条例を制定し、毎年2月22日に記念行事を開いている。

(参考2)竹島、インターネット“徐々に”占領韓国速報 ( 08/5/21) 韓国速報 (http://www.worldtimes.co.jp/kansok/kan1/shakai/080521-2.html
 海外の主要インターネットサイトで、独島が日本領だという日本の主張が相当数反映されていることが明らかになった。
 これは韓国が独島を実効的に支配しているという「領土上独島主権」が国際社会の認識とは違うということを意味しており、対策が急がれているという指摘だ。
 20日、米中央情報部(CIA)ホームページの「ザ・ワールド・ファクト・ブック」には東海(East Sea)が日本海(Sea of Japan)、独島が「リアンクル岩(Liancourt Rocks)」と表記されていた。
 リアンクル岩は1849に年独島を発見したフランスの捕鯨船リアンクル号から由来した名で、韓国名「独島」と日本名「竹島」の代わりに呼ばれる第3の地名だ。
 CIAはまた、韓国の紛争地域について、独島を「韓国が1954年に占領して以後、韓国と日本がリアンクル岩(独島/竹島)を要求している」と紹介した。
 フランスのアルテ放送局、ナショナル・ジオグラフィックなど、世界有名機関も独島を竹島と併記するなど、独島の韓国所有権を否定する表記は海外主要ウェブサイトに拡散している。
 また日本ネチズンは独島が日本領だと主張する内容の文や動画を直接作って、インターネット上にアップするなど、活発な広報活動を展開している。
 この日、動画共有サイトのユチューブで「Takeshima」を検索した結果、100に達するUCCが現れた。UCCには「地図を修正して、歴史を書き換えたのは韓国であり、そのような国が日本の歴史教科書に干渉するのは内政干渉」という内容などが含まれていた。
 英語圏インターネットサイトで独島と竹島を併記する所が最近の3年間で135倍以上、増えたのも、このような日本の多角的な広報活動の結果という分析だ。
 インターネットサイト「グーグル」で独島と「Takeshima」を検索した結果、この二つを共に表記している英語圏ウェブサイトが2004年7月600件余りから、19日現在8万1500件になったとサイバー外交使節団バンクは明らかにした。
韓国速報 08/5/21




竹島=独島論争?歴史資料から考える
新幹社
内藤 正中

ユーザレビュー:
歴史資料から考える? ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 竹島=独島論争?歴史資料から考える の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

竹島=独島問題入門
楽天ブックス
商品副データ日本外務省『竹島』批判内藤正中新幹社この著者の新着メールを登録する発行年月:2008年1

楽天市場 by 竹島=独島問題入門 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




欝陵島・独島(竹島)歴史研究
楽天ブックス
宋炳基/朴炳渉新幹社この著者の新着メールを登録する発行年月:2009年11月登録情報サイズ:単行本ペ

楽天市場 by 欝陵島・独島(竹島)歴史研究 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

竹島(独島)・欝陵島歴史研究
楽天ブックス
宋炳基/朴炳渉新幹社この著者の新着メールを登録する発行年月:2009年10月登録情報サイズ:単行本ペ

楽天市場 by 竹島(独島)・欝陵島歴史研究 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

独島/竹島韓国の論理増補版
楽天ブックス
金学俊/HosakaYuji論創社この著者の新着メールを登録する発行年月:2007年11月登録情報サ

楽天市場 by 独島/竹島韓国の論理増補版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
<Big Mama>パク・ミンヘ 11歳年上の音響エンジニアと結婚へ
韓国4人組女性ボーカルグループ<Big Mama>のパク・ミンヘ(28)の結婚が明らかとなった。 ...続きを見る
サッカーはエンターテインメントだ!
2010/10/26 16:08
ネチズン 陰湿
明日の話題は、コレでいこう……******人気ジャンルのNo.1を ナナメ読み♪できる情報******毎日変わる、新しい情報をチェック!話題に困ったら………******トレンドが1分でわかる。毎日更新情報!******この曲は押さえておかないと! ***本日のおすすめCD***【新品CD】【5000円以上送料無料】僕の見ている風景【通常盤】/嵐【JACA.5232】[新品]気になる情報♪■「CD」ランキング■「お笑い&バラエティ」ランキング■「DVD」ランキング■「TVドラマ」ランキング■「アニ... ...続きを見る
生命の意味論
2010/10/27 12:21
蓮健忘症?とんでもない器の問題
小池百合子自民党総務会長の26日の記者会見。鳩山由紀夫前首相について一刀両断。「自身がおっしゃったことをご本人が忘れているのが最大の問題だ。まさに健忘症ではないか」とご批判。 ...続きを見る
オンラインカジノを攻略しよう!
2010/10/27 20:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国・教総、10月25日を「独島の日」に決定! 深山飛水の思いつくまま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる